投資信託にかかるコストって何があるんだろう?

投資信託は多くの人からお金を集めて運用する仕組みだという話をして
きました。プロが代わりに色々なところにお金を振り分けて運用してく
れる便利な仕組でした。

こんなに便利な仕組みですから、もちろんタダというわけにはいきませ
ん。今回は、投資信託に必要な費用のお話をしていきましょう。

コストは主に、三つかかります。購入時手数料、運用管理費用、信託財
産留保額、この三つです。以下で順番に説明していきます。

まず、購入時手数料。これは販売会社から投資信託を買うときの手数料。
証券会社や銀行は、この購入時手数料が収益となります。だから、頻繁
な乗り換えを勧める証券マンや、銀行員がいるわけ。ご注意ください。

この購入時手数料、投資金額の約3%と設定されていることが多いよう
です。100万円投資すれば、3万円引かれ、実質97万円の投資にな
ります。ちなみにノーロードという購入時手数料がかからない投資信託
もありますので、こちらも検討してみてください。

二つめに、運用管理費用の説明をします。運用管理費用は別名、信託報
酬といいます。投資信託を運用するにあたって必要な費用のこと。名前
からすると、運用のプロが受け取る報酬のように思えますが、この信託
報酬は、販売会社と運用会社、信託銀行の三社に支払われることになり
ます。

ちなみに、半分くらい販売会社が持っていきます。(不思議だと思いま
せんか?販売手数料の上に、信託報酬の半分まで、販売会社が持ってい
くなんて!)

ちなみにこの信託報酬は一度だけ支払われるものではありません。投資
信託の財産から毎日差し引かれ、毎年、販売会社と運用会社、信託銀行
に支払われます。投資信託の価格である基準価格は、既に信託報酬が引
かれた状態で提示されています。

三つ目の信託財産留保額は、投資信託を解約するときに必要となる手数
料。他の投資家よりも先に、投資信託を解約する分の迷惑料みたいなも
のでしょうか。しかし最近はこの信託財産留保額がかからない投資信託
も増えてきています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る