投資信託に関係している会社の数々

投資信託は、投資のプロが皆からお金を集めて代わりに上手いこと運用
してくれる仕組みですよという話をしました。では、その投資信託を運
用するプロがお金を預かり、販売しているのでしょうか?

いえ、実は、運用する会社、販売する会社、お金を預かる会社は別々。
販売する会社のことを販売金融機関といいます。あなたが、今日から投
資信託を買いたいと思ったら、証券会社、銀行、保険会社、ゆうちょ、
どこに行っても購入できます。

以前なら、証券会社しか取扱いがなかったのですが、近年は、銀行、保
険会社、ゆうちょなどあちこちで購入が出来ます。証券会社の敷居が高
いと思う人でも、通常の給振口座がある銀行などで買うことが出来るの
で、お手軽になったと言えるでしょう。

運用をする会社のことを投資信託委託会社といいます。そして、そこで、
運用方針や銘柄が決定されます。ちなみに、方針や銘柄を決定する人の
ことをファンドマネージャーと言います。

そして、投資信託委託会社が買い付けた有価証券等を保管、管理するの
は、投資信託委託会社ではなく、信託銀行となります。投資信託委託会
社が破綻しても、信託銀行に預けられた資産は無傷です。信託銀行に万
一のことがあっても、信託銀行の資産とは別に管理されているので、資
産は守られることになりますので、ご安心ください。

ちなみに、中には、販売会社と運用会社が同一のところもあります。販
売会社と運用会社が別々であることのメリットは販売網が広いというこ
とでしょうか。銀行が販売するとなると、既にいる顧客が潜在的な投資
信託購入者となり、多くの人に売ることが出来そうです。

それでは、販売会社と運用会社が同一であることのメリットはなんでし
ょうか?それは運用方針と販売方針の擦り合わせが出来るということ。

販売会社が運用方針を理解して販売しないと、運用も上手くいかなくな
ることがあります。また、運用会社が販売を行うことによって手数料の
面でも少しお得感が出ることとなります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る