ボックストレンドと判断できるまでの投資行動

ボックストレンドにおいては、優良株を下値抵抗線(=サポート)で買って、
上値抵抗線(=レジスタンス)で売ることを機械的におこなえば、大きく損を
することもなくこまめに利益を上げることができます。チリも積もれば・・・
のように、これを繰り返すことによって得られる利益は、安定的かつ大きなも
のとなります。

一方で、ボックストレンドはトレンドの初動で見分けることが困難です。

そこで今回は、ボックストレンドと判断できるまで、どのように投資行動すれ
ばよいのか、紹介したいと思います。

例として、上昇トレンドが終了した後、ボックストレンドとなるか下降トレン
ドとなるか見分けが付かない期間においての投資行動について説明します。

まず、ボックス相場では仕手株を中心に、下降相場では材料株を中心に運用す
るという方針であることから(この理由については別記事で詳述します)、ボ
ックストレンドか下降トレンドか見分けが付くまでは、仕手株を半分、材料株
を半分で運用します。

このとき、優良株を運用しようとすると、やけどする可能性が高いようです。
というのも、優良株は下降トレンドでは勝率が低くなる上に大きな利益も得ら
れないため、トレンド判断がしっかりできるまでは手を出さない方が無難だか
らです。

このように、両方の相場を想定した投資行動をしつつ、トレンド判断をするた
めの抵抗線が引けるまで待ちます。

例えば上昇トレンドからの継続が終わって、ボックストレンドか下降トレンド
かを判断する場合、次の波動ができたら上値抵抗線を引いてみます。さらにも
う一回、次の波動ができたら同じように上値抵抗線を引いてみます。そのいず
れもを上抜けてしまえば、ボックストレンド入りしたと判断できます。

下降トレンドの継続が終わった場合には、この逆です。下降トレンドが終わっ
てからできた波動とその次の波動に対してそれぞれ下値抵抗線を引き、そのい
ずれもを下抜けたらボックストレンド入りと判断します。

このように、投資判断をしながら、そのいずれにも対応できるように2本立て
で投資行動することが、成功の秘訣といえます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る