ボックス相場では優良株の繰り返し売買も有効

前回の記事ではボックス相場こそ仕手株の運用時と書きましたが、そうは言っ
てもやはり仕手株に手を出せないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような方におススメなのが「優良株」を繰り返し売買するという方法です。

この方法はきわめて簡単です。

見るのは個別の銘柄における週足チャートと13週移動平均線のみです。株価
がこの13週線から下にある程度乖離したら買い、上に乖離したら売り、それ
だけです。上昇トレンドのときのように出来高を見る必要もなく、単に株価の
13週移動平均線のみで判断できるのです。

この点については、チャート上で判断しても良いのかもしれませんが、チャー
トの機能にある「移動平均乖離率」を使ってもいいかもしれません。移動平均
乖離率とは、移動平均線から株価までの乖離率をグラフにしたものです。これ
で「○○%以下になったら買い、○○%以上になったら売り」とか、移動平均
買い利率のグラフ自体にトレンドラインを引いて判断することもできます。た
だし、あくまで補助的に使ったほうが良いでしょう。

ボックス相場での優良株繰り返し売買における注意点としては、それがボック
ス相場であるかどうかをしっかりと確認できてからでないと、大火傷をする可
能性があるということです。

というのは、もしも上昇トレンドからの転換がボックストレンドではなく下降
トレンドだとしたら、優良株を下降トレンドで買うことになってしまうからで
す。優良株を下降トレンドで買ってしまうと、損失をこうむる可能性が極めて
高く、しかもそれが大きくなりがちだからです。

ボックストレンドというのは、それ自体値動きがあまりないものです。そのた
め、優良株の繰り返し売買でも、現物株においてはさほどの利益は期待できま
せん。

そこでパフォーマンスを向上させる方法として、信用取引を利用してレバレッ
ジをかけるという方法があります。さらに、売り局面で空売り(ドテン売り)
を仕掛けておき、それが下がって買い局面になったら空売りを手仕舞って買い
を入れれば(ドテン買い)、往復で利益を得ることができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る