投資の勉強は楽しく身につけられる!?

投資で儲けを得られるようになるのと、英語の勉強をしてすらすら話せ
るようになるのでは、どちらが楽でしょうか。

これは間違いなく前者といえるでしょう。

しかし、街中で売っている株の本を読んで、簡単に儲けが出るだろうと
思うのは大きな間違いで、それが可能なら機関投資家などという、投資
のプロの存在意義などありません。

つまり、投資のプロにならなければ儲けることはできないということ。

さらに自分に投資ができるだろうかと不安に思う必要もありません。

すでにこの文章を読んでいる時点で適性があるといってもいいでしょう。

投資というのは、まずやってみようという自発的な気持ちが大切で、
そこからあとは、基本的な公式を学びそこにあてはめて行くだけです。

投資を始めるといつの間にかのめりこんでいきます。テレビゲームと一
緒で、寝食を忘れてゲームをしていると、いつの間にか敵を倒すコツを
掴み、ゲームそのものがうまくなります。それと一緒かもしれません。

それどころか実際にお金が動くため、その何倍も熱中するようになるで
しょう。高校生の時から株式投資を始めていたような人は、大学生の就
職活動の時期はすでに会社四季報の中身をほとんど覚えていたという人
もいるくらいです。まさに好きこそ・・・という世界です。

会社訪問ではその会社だけでなく、同業他社にも詳しいので採用担当者
を感嘆させたほどだとか。

自分の生活設計のための会社選びではなく、投資家としての目線で会社
を選んでいたので、真剣さは他の求職者の比ではなかったと聞きます。
この真剣さはいずれ大きな差となって表れることでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る