オンラインでの注文の出し方と注意点

取引口座ができれば、次は注文の出し方です。事前に調べておいた購入
したいETFの銘柄名、証券コード、購入できる売買単位、必要資金な
どを確認しておくとよいでしょう。オンラインで購入する場合、注文用
の画面やツールなどに証券会社によって違いがありますが、注文を出す
流れは大体以下のようになります。

Webまたは専用ソフトにログイン→証券コードまたは銘柄名(ファン
ド名)を入力→検索(移動)→銘柄の現在値・前日比・始値・高値・安
値・出来高、気配値及び気配株数(売買を希望している値段及びその数)
や値動きを示すチャートなどが表示されます。

これらの情報を参考に→購入が決まれば→買い注文(現物買)または売
り注文(現物売)をクリック→売買単位を確認→注文数・価格を入力
(指値注文、購入希望価格を入力)または成行注文を選択(価格は入力
せず注文数だけ)→注文有効期間を指定(本日・1週間など)→売買確
認画面→暗証番号などを入力→注文をクリックし確定。

※注文の出し方には、①「指値注文」すぐに約定しなくてもよいので自
分の希望する値段で「売りたい」または「買いたい」場合の注文方法と
②「成行注文」できるだけ早く「買いたい」または「売りたい」ので値
段を指定しない注文方法があります。

これ以外に③「逆指値注文」株価が指定した価格よりも上がれば買い、
下がれば売りといった指定ができるネット証券もあります。損失を最小
限に抑えたり、一定の利益を確保したいときに有効な注文方法です。

以上がおおよその流れですが、証券会社により手順が異なる場合があり
ます。ここでの注意点は、購入口数や指値の価格を間違えないように必
ず確認することです。

また、夜間取引などができる証券会社もありますが、注意が必要なので
初心者は市場が開いている時間に行いましょう。また、価格は市場が開
いている間はリアルタイムに変化しますので、約定したかどうかを取引
画面や取引報告書・通知メール(電子交付書面)などで確認しておきま
しょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る