移動平均線の読み方と注意点

株を買う前に参考程度に見ておく株価チャートを見ていると、
チャートに2本の線がかかっているものがあります。

この線は移動平均線といわれ、過去の終値の平均値を結んだも
のになります。

この移動平均線の動きを見ることにより、ある程度株価のトレ
ンドを把握することができます。

株価チャートの「5日移動平均線(短期)」と「25日移動平
均線(長期)」の2本の線が書かれたものを見ると仮定します。

ここでいう、5日移動平均線というのは、過去5日間の終値の
平均を指します。

25日移動平均線と比べて5日と短いため、短期移動平均線と
もいわれています。

これに対して、25日の方は長期移動平均線といわれます。

この他にも、5週(短期)や13週(長期)などの移動平均線
の種類があります。

この移動平均線の見方として、2本の線が交わっている部分に
注目すると、25日線を5日線が上から下へと突き抜けている
部分があり、この長期の線を短期の線が上から下へと突き抜け
ることを「デッドクロス」といい、一般的には売るタイミング
の目安になるポイントだといわれています。

デッドクロス後の株価の値動きを見てみると、あまり思わしく
ない場合が多く、このようにいわれています。

反対に、25日線を5日線が下から上へと突き抜けることを、
「ゴールデンクロス」といい、一般的には買うタイミングの目
安になるポイントだといわれています。

ただ、「株価チャートの見方もこのようなものがある」という
参考程度に留めておき、過信はせず、ひとつの目安として考え
ておくくらいがいいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る