新高値株を見つけるには、本質を知ることから

新高値更新の株を買うということは、過去2年以上にわたる期間での、
最高値になった株を買うという解釈をし、それはとても簡単なことだと
思う人も多いと思います。言葉だけで説明すると一見簡単そうです。

ところが、実際チャートからこの株を見つけようとすると、それはなか
なか思い通りにいかないことが多いものですが、ここであきらめてはい
けません。

迷ったら基本に戻ることが大切で、とにかくチャートに戻るのです。

株を買う基準はとにもかくにも「新高値の更新」でした。

この意味を何度も何度もチャートで確かめ、理解することが大切。

チャートを見ればわかりますが、この新高値更新とは、言い換えると
「保ち合い抜け」となります。これが新高値更新の本質になっていき
ます。

保ち合い抜けとは、株価が横ばい状態の動きをすることで、小幅な値
動きの山や谷を作り続けることを指します。これまでにない新しい言
葉が来たので戸惑うかもしれません。

これまで話してきた新高値更新の意味は、史上最高値を更新した銘柄、
数年来の高値を更新した銘柄を指していました。

ここには保ち合い、または保ち合い抜けという概念はありません。

しかしどうして保ち合い抜けが新高値更新の本質だと言えるのでしょ
うか。これからチャートと共に具体例を見ていきます。チャートを見
る基本が出来ていればすぐにわかることです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る