株の割安度を測るPBR指標とは?

株を買う際に参考にする指標のひとつとして、PER(利益か
ら見た割安度をはかる方法)の他に、PBRといわれる、資産
から見た割安度をはかる方法があります。

PBR(株価純資産倍率)とは、Price Book-Value Ratioの
略称で、このPBRを使えば、資産から見た株の割安度がわか
ることになります。

PBR(倍)= 株価 ÷ 1株あたりの純資産

1株あたりの純資産 = 純資産 ÷ 発行株数

というような計算式が成り立ちます。

それでは、PBRが何倍なら割安なのでしょうか?

「会社の解散価値」というものを示しているのがPBRですか
ら、言い換えれば仮にその会社が事業をやめて解散してしまっ
た場合、借金などの負債を清算したあとに手元に残るお金のこ
とを指します。

仮にPBRが1倍であれば、理論上は株価と同額の金額が返っ
てきます。(ただ、あくまで理論上の話のため、純資産の評価
額は帳簿上の金額が使われているため、時価で評価したときに
目減りしている可能性もあります。たとえば、保有する土地の
価格が下がっていたり、あるいは商品の価値が下がっている場
合などです。)

仮にPBRが1倍以下であれば、理論的には株価以上の金額が
返ってくることになり、PBRが1倍を切っているような株は、
資産から見た場合の割安感が極めて高いといえるでしょう。

しかし、PBRが「0~0.1倍」など極端に下がっている場
合は要注意で、倒産寸前の会社で株価が下がり過ぎている可能
性もあるため、「何だかおかしい」と疑ってみるのが賢明です。

◆PBRが下がって株価が割安になる条件とは?

株価と資産の関係で変化するPBRは、株価が下がればPBR
も下がり、資産が増えてもPBRは下がります。

【PBR=1倍】

会社の解散価値と株価が同じ状態のため、仮に会社が解散した
としても、投資したお金は戻ってきます。

【PBR<1倍】

会社の解散価値よりも株価が低い状態のため、仮に会社が解散
した場合、投資した金額以上のお金が戻ってきます。

BPRもPERと同様に自分で計算をしなくても、証券会社の
ホームページに載っていますので、参考にしてみて下さい。

「PBRが低いと資産の面から見て割安」ということだけ覚え
ておけばいいでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る