会社のことは会社の人に聞くのがやっぱり一番

ファンダメンタルの3番目のルール、「揺るぎない成長」これを見つけ
る実践をするにあたり、その成長を投資家が実感するにはどうしたらよ
いかを考えていきます。

考え方の軸として、

・社会のトレンド

・政策決定事項を知ること

そしてそれによって成長できる事業とは何かを見つけることです。

今までは専門家が分析していました。しかし個人投資家にも明快なやり
方があります。

まずは投資に必要な情報を仕入れます。

最大の情報源はその会社の経営者です。

なにしろTPPやダンピング問題など、多くの会社がその国際情勢によ
り業績が左右されるのですから、経営者は日々の動きに敏感です。生活
がかかっているのだから真剣に勉強しているといっていいでしょう。

また、政策決定事項は前もって業界に知らされることはほとんどありま
せん。必要な情報を得るためのアンテナもしっかり張っているのが経営
者です。

それでは経営者の話を聞くにはどうしたらいいのでしょうか。

それには会社説明会に実際に足を運ばなければなりません。

会社説明会に行けば、重要なトレンドも社会情勢にも触れるので、その
業界から見た社会を見ることもできるのです。

スーパーの商品を入れるかごを手に取る時、きれいなかごを選び、スー
パーの賑わい具合を見るのが投資家であれば、そのかごを見て新しいビ
ジネスチャンスがないかを考えるのが経営者なのです。

実際、かごを洗うということも立派なビジネスになっている例もあるく
らいです。

このような経営者の視点や考え方に触れることは投資家にとって、大き
なチャンスでもあり、良い経験にもなります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る