会社説明会は株主にとってのウインドショッピング!?

会社説明会に参加することは、誤解を恐れずに言えば、ウィンドウショ
ッピングのようなものです。そのくらいのらくな心づもりでいたほうが
いいかもしれません。

投資家は、説明会で話された内容すべてを、全部を漏らさず聞こうなど
と考えてはいけません。そんなことを一社ごとにしていたら投資をする
前に疲れてしまいます。

別の手作業(内職)の準備でもしておいて、会社が伸びていくような話
が聞こえてきたら手をとめて話に集中すればよいのです。

いいものがあれば買ってやるよ、というのが日常生活でのショッピング
の心理です。

つまり、いい話をしてごらんよ、そしたら株を買ってやるよ、という位
の態度でちょうどいいのです。実際に投資家というのは銘柄をショッピ
ングしているのですから。

そのくらい人をひきつける力がないと、株価というのは上がりません。
ヒットする商品や伸びていく企業は聞き耳を立てるまでもなく、いつの
まにか世に知れ渡っているものなのです。

それでは実際にIRの動画を見ていきましょう。

たぶん最初の1社や2社は外れだなと思うことが多いと思います。しか
し何社か見ていくうちに自然に話に引き込まれるような会社に出会うは
ずです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る