実際の揺るぎない成長例を見ていく方法とコツ

不況に関係なく成長スパイラルを描いた実例を挙げていきます。

貸アパートビジネスの大手、レオパレスです。

賃貸アパートは基本2年契約で、ホテルは1泊から7泊以内が通常の申
し込み範囲で、実際あるホテルの予約サイトでは7泊以上の申し込みは
できません。

ところがこのころから社会の需要は違っていました。数日よりは長く、
2年よりは短く決まった場所に住みたいという声がたくさん上がってお
り、いち早くレオパレスはそれに対応したのです。皆さんもご存知の、
いわゆるマンスリー物件です。

この需要の中には、

・地方から上京して就職活動や大学受験をする

・離婚前に別居する

・長期の出張

などがあたります。

これらは最近のトレンドだとしたら納得でしょう。今なら確かに短期か
ら中期の貸アパートビジネスは伸びることがわかります。

レオパレスのやり方は、家具などの必要備品はそろえており、30日以
上、10日単位で借りることができます。実にホテルの3分の1の価格
で、競合他社に比べ2倍以上の物件をもち合わせ、消費者には選択の余
地がたくさんありました。この時の稼働率は実に9割以上でした。

ここに会社訪問した時は2001年、すでにITバブルの崩壊後でした
が、商談ルームは満杯で、不況の風は全く感じませんでした。

レオパレスはこのマンスリー物件のヒットにより、一般賃貸物件も相乗
効果で好調となりました。

レオパレスは「潜在需要を掘り起こす」ことで、持続性のある成長が出
来たのです。そしてその成功と一緒に従来の賃貸事業も伸びました。

こういう会社に出会うことは、投資の楽しみの一つでもあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る