日々の勉強を効率的にするために

さて、それでは数年来高値を更新し、保ち合い期を形成している銘柄を
どんどん見つけていきたいところですが、上場企業のすべてをチェック
することはとても困難で、効率も悪いでしょう。

それではそのようなプログラミングをされている投資サイトはあるので
しょうか?残念ながら現在のところそのようなサイトありません。

これは言い換えると投資家には絶好の機会といえ、投資家はチャートを
見てひたすら学べばいいのです。

学ぶにあたり、一番有効なサイトは、

【ケンミレ株式情報 新高値銘柄】 です。

ここには、過去15か月の高値更新した銘柄を日々載せています。

そのため、保ち合い期のチェック、15か月プラス9か月の株価チェッ
ク(基本は2年間の高値更新です。)は自分でやることになりますが、
これこそがいい機会になります。

チャートの見方がどんどん正確に早くできるようになるでしょう。

たとえば、1年10か月前の高値を抜いた株は、2年には及ばないので
基本からははずれます。しかし、それ以外の条件がそろっていれば、も
う買いのサインが出ていると判断してもいいのです。

最高値からの戻りが半分以下でも、最高値が10年以上も前ならば、こ
だわる必要がない場合もあります。

一番大切なことは、日々チャートを見ていくうえで、これは本物か偽物
かを、基本に忠実にチェックしていくことで、この作業の繰り返しでだ
んだんと本物を見極める能力がついていきます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る