オンリーワン企業とは時流に乗った企業の証

オンリーワン企業を一言でいい表すとすると、「時流に乗った株」と言
えると思います。背景にある社会の大きな変化、ビッグ・チェンジの動
きが比較的見えやすいという傾向があります。

これまでは、内勤を主流とするホワイトカラーがひとつのステータスで
したが、会社の倒産が珍しくなくなった現在では、手に職を持つ、いわ
ゆる職人という仕事が見直されるようになってきました。

こうした背景の下で成長してきた会社のひとつに、工場や現場で働く人
向けの作業着専門店「ワークマン」があります。ワークマンのマーケッ
トシェアは約10%しかありませんが、その次に続く会社のシェアは1
%未満です。

豊富な品揃えと、低価格に加えて、ブルーワーカーにありがちなマイナ
スの印象を吹き飛ばすような、明るく楽しい店作りに勤めており、ワー
クマンはこの分野においては№1のガリバー企業で、オンリーワン企業
なのです。

また、サービス業では質の高い人員を多く確保することが、企業成長の
鍵となります。ビルメンテナンスのイオンディライトは、イオングルー
プの子会社でイオンを中心にビルメンテナンスのノウハウを蓄積してき
ました。

多くのビルのオーナーは、清掃やセキュリティを別々に契約すると割高
になるため、一括外注を希望します。そうなると、そのノウハウに長け
た同社が他社を圧倒しているため、一人勝ちの状態にあります。

このように、時流の変化を読み取ることができれば、成長企業を見つけ
ることも可能となります。成長企業を見つけたら、「なぜこの企業は成
長しているのか?」を考える習慣をつけましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る