個人投資家でもできる成長銘柄の選択法

企業訪問やライバル企業に話を聞くという方法は、個人投資家には敷居
が高い方法。ですがこういう方法を取らなくても、個人投資家が銘柄を
選ぶ方法があります。

個人が銘柄を選択する場合、大事なのは「身近な企業を考える」「好き
企業を思い浮かべる」ということです。

「アップル」のファンであれば、1998年、2001年、2007年、
そして2010年と新製品の発表がされた時、業績の拡大や株価の急上
昇を予測できたのではないでしょうか。ちなみにこの期間でアップルの
株価は数十倍になっています。

ウォーレン・バフェットのような「コカ・コーラ株を買う」という方法
もあります。バフェット氏の投資法は、長期投資前提で銘柄を選択し、
高い運用利益を得るというものです。

「コカ・コーラは世界規模で販売されていて、飲む人々がいなくなる可
能性は無い。価格競争も無く、今後も売り上げが継続するのはほぼ確実
であると判断したので、コカ・コーラ株を買った」バフェット氏はこう
話しています。

多角化経営を推し進めている企業を評価するのは困難が伴いますが、誰
でもコカ・コーラ社なら判断できると思います。また取引先が企業であ
る「BtoB」の会社については個人投資家では、その企業の評判や競
争力があるかなどの情報を得るのは難しいですが、取引相手が一般人で
ある「BtoC」の企業ならば、個人投資家でも商品力やブランド力が
すぐに判断できます。

「一般消費者の目線」がとても重要なのです。

もし友人が飲食店を始めるというならば、店の場所や料理の質、値段設
定、サービスなどで、その店の行く末がある程度予測できるのではない
でしょうか。逆に全然知らない分野など、判断ができない分野に投資し
てはいけません。

「知らない、理解できない分野への投資はご法度」というのが暗黙のル
ールであり、バフェット氏も「投資のポイントは、事業の内容が理解で
きる事」と言っています。50年以上、市場で戦ってきたバフェット氏
でさえ、理解できない分野は避けているのです。おそらくバフェット氏
は、13歳ぐらいの子供でも分かる分野にしか投資しないだろうと思い
ます。

「韓流スターがソニーのCMに出演しているのをテレビで見て、ソニー
の競争力に懐疑的になった」と佐藤明氏が語っています。その理由とし
て佐藤氏は「以前のソニーのCMは有名人を起用しないで、スポットラ
イトが商品に当たるような手法を用いていた。スターを登用したことで、
スターの知名度や人気を借りざるをえなくなったと感じた」と話してい
ます。

アナリストやファンドマネージャーによって持っている感覚は異なりま
すが、興味深い視点だと思います。前述の佐藤氏はテレビアニメのサザ
エさんを見て、「東芝の1社提供でなくなったことに、かなりの衝撃を
受けた」とも話しています。身近なところに銘柄選択のヒントが転がっ
ているのかもしれません。

日銀の金融政策や経済動向を考慮した上で、投資のタイミングを考える
のは、プロでも困難が伴います。個人投資家の方はそっちには手を出さ
ず、「自分好みの会社」を調査研究して、成長性を探る方が容易だと思
います。

「ユニチャーム」が製造している紙オムツは、アジアでも莫大な利益を
稼ぎ出しています。このような日用品は、一度使いだすと、「景気が悪
くなったので、他の安い商品を買う」ということにはなりにくいようで
す。景気動向に敏感になって投資判断するより、個々の企業の製品やそ
の競争力を勉強した方が、銘柄選択に迷わなくなり、利益を得る機会が
拡大するのです。

言うまでもないことだと思いますが、業績や株価の水準はちゃんと確か
める必要があります。

「株で損をしたことがほとんどない」ある企業の創業者の奥様(80代)
がおっしゃいます。「会社四季報をその発売日に買い、その日のうちに
全部読破して、好調な企業を絞り込む。あとは長期的視点で株価のチャ
ートを分析し、株価の動きの癖を掴む。そして買うレベルを決定する。

株価がその値段になったら買う。この手法で投資すれば負けることはほ
ぼない。証券会社の営業マンは短期にしか目が行かないから、歴代の営
業マンに『長期の視点』の重要さを説いてあげました」と、いう方も実
際に存在します。

自社の資金で株の売買を行う自己売買部門がどの証券会社にもあります
が、自己売買部門で働いていたかつての方の中でも「『会社四季報』が
発売されたらすぐに目をとうして、データを横断的にチェックするのが
楽しくて仕方がない」という人がいるのです。

この2人に共通しているのは、助言やマネー雑誌の2次情報で投資先を
決めるのではなく、まっさらな1次情報を自分の視点でチェックし、銘
柄選択しているところ。自分に合った選択法を見つける事ができたなら
ば、銘柄選択がもっと楽しくなるはずです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る