投資信託の純資産確認もお忘れなく・・・

投資信託を購入する際は、純資産の額を確認することも重要。基準とし
ては10億以上、欲を言えば、30億以上あると望ましいと思います。

なぜ、純資産額が大切なのでしょうか。それは投資信託を維持するうえ
で、多くの維持費がかかってくるから。決算をし、報告書を作成する。
これらのコストが投資信託にはかかってきます。少ない純資産の中から、
それらのコストを全て出すというのは大変負担が大きいもの。

ちなみに10億円を切っていると、途中で償還される可能性が出てきま
す。長期保有しようと思った投資信託が途中で償還されるとガッカリで
す。中途償還の決まりは目論見書に書いてあることもありますが、書か
れていなくても、10億円を切ると中途償還される可能性があります。

ただ、いくら純資産が少なくても毎月資金が流入している投資信託であ
れば、償還される可能性は薄いといってよいでしょう。資金流入がある
ということは、その投資信託を支持している人が多いということを意味
します。

ちなみに「純資産が減る=資金が減っている」ということではありませ
ん。どんなに資金が流入していても、基準価格が下がれば、純資産は減
ることがあります。むしろ、基準価格が下がったときこそ、買いのチャ
ンスと考えて、投資口数を増やす投資家が増えるかもしれません。

基準価格を決定するのは相場です。基準価格と資金流入は別個のものと
して考えるとよいでしょう。

投資信託にとっては、資金が流入しているというのは大切なことです。
資金が入ってくるということは、投資先の債券や株を増やすことが出来
ますし、新規で投資することも可能になってきます。

逆に下がったときに、多くの人が解約するような投資信託はダメです。
いい投資信託であれば、下がった時こそ買い増す投資家が増えるもの。
また、解約が増えれば、運用者は、投資を縮小させる必要が出てくるの
で、投資信託自体が先細っていくことでしょう。

このように投資信託を購入する際は、純資産と資金流入をきちんと調べ
て選ばれることをお勧めします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る