金融機関がすすめる商品のカラクリとは・・・

みなさんが、いざ実際に金融商品を買うという場面になった時に、金融
機関の言うことをすべて信用してはいけません。証券会社や銀行だって、
利益を出すために商売を行っています。

つまり、どんなに親切だといっても、実はその裏には自分たちが儲かる
ための方法を考えているものなのです。たとえ私たちにとってはバラン
スのとれた良い金融商品であっても、金融機関にとって儲けが少なけれ
ば別の商品を売りつけられることだって考えられます。

よくよく考えてみてください。金融機関にとって儲からない商品は、つ
まり私たちにとって「手数料が安い」などの利点がある良い商品である
ことも考えられますよね。

最近はよく、FXや株式投資といったハイリスク・ハイリターン型の投
資に関する情報を見かけます。これは、金融機関側が目立つように宣伝
・販売しているためです。

その宣伝文句についつい釣られてしまいがちですが、ちゃんと確認して
みると、金融機関にとっては、ぜひとも買ってほしい手数料が高い金融
商品であることがほとんど。そういった商品を売りつけることで、証券
会社や銀行といった金融機関は儲けているのです。

手数料はそのまま金融機関の儲けとなるわけですから、手数料の高い商
品をもっと売りたいというのは当然の話。そこで、金融機関は、その商
品の魅力的な点をより広くアピールする必要があります。

そうして、パンプレットやウェブサイトなどに力をいれるわけですが、
そこにまたコストがかかってくるわけです。さらに、そのコストを回収
するためにもその商品を売っていく必要があるという訳。

そのような状況においては、手数料の低い地味な商品は決してオススメ
されることもなく、ひっそりと影にかくれてしまいがちです。

多くの人は気づかないようなところに潜んでいることも多いもの。その
ため、自分自身で探し出し、スポットライトを当てなければなりません。

このように、金融機関側の視点に立って考えてみると、思わぬ掘り出し
物が見つかるかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る