外貨建て資産への投資も選択肢に入れておきましょう

ご自身のポートフォリオを見直したとき、国内の株式や債券に資産構成
が偏っていませんか?

やはり、何となく外貨建て資産の購入をためらってしまってはいないで
しょうか?過去の運用実績を見ると、円高が長く続いた結果、外貨建て
資産への投資には旨味がなかったと言われることも多いのも事実。しか
し、これからはデフレは終わり、インフレが来ると目されています。

国内資産だけでは、やはりインフレ局面に弱いでしょう。投資という面
からは、外貨建て資産へも幾らかは投資しておくことがお勧めです。

外貨建て資産には馴染みが薄い方も多いと思われます。今回は、そんな
方にお勧めの外貨建て資産のお話をしていきたいと思います。

個人が外貨建て資産の購入をしようとする場合、基本となるのは、やは
り投資信託とドル建てのインデックス連動ETFでしょう。その時、注
意していただきたいのは、「短期間での売買は行わない」ということ。

為替相場の方向性を読むことはプロにでも難しいと言われています。個
人で行う分には、長期間にコツコツと積立を行うことがベストでしょう。

とりあえずの今の為替動向としては、円安トレンドとなっています。長
期間に渡った円高がようやく修正された、といったところでしょうか。

今後短期間においては、円高に振れたり、円安に振れたり様々な動きを
見せるかと思われます。ただ、長期的に見れば、日本という国の国力を
考えれば、円安に向かうのではないかと思われます。どれだけか、とい
うと確かなことは何一つ言えませんが、長期投資として外貨建て投資を
始めるには、いいタイミングなのではないでしょうか。

さて、外貨に投資をしよう、と思ったあなた。どこの通貨がいいでしょ
うか?ドル・ユーロ・ポンド、新興国通貨、中国の人民元、と通貨も色
々あります。このなかでも、特に個人にお勧めで初心者向けなのは、や
はり米ドル。

ドルはやはり主要通貨ですし、取引のほとんどがドルで行われている以
上、比較的安定した相場を作っています。また、為替手数料も少なめで
す。他通貨はやはりリスクが大きいですし、動向もなかなか分かりにく
いでしょう。

ドル建て資産の中でも、お勧めはETFです。これで、世界中の資産に
分散投資できるからです。そこで、ドル建てETFの中でも、どれがい
いのか途方に暮れるあなたにアドバイス。

「米国株のインデックス」と「新興国の株」のETF。この二つが断然
お勧め。米国はこれからも世界経済の牽引役であるでしょうし、新興国
も長期的には成長していくと思われるからです。

新興国への投資は、新興国全体に投資するものを選ばれるといいでしょ
う。1つの国に投資すれば、その国の固有のリスクで失敗することもあ
りうるからです。

このように個人の外貨建て投資は「米国株のインデックス」と「新興国
の株」のETFの二本立てで、かつ長期的にコツコツ積み立てることを
お勧めします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る