為替リスクを避けるためのより良い方法とは?

海外ETFの売買で避けては通れないのが為替リスク。上場している国
の通貨で購入するのが原則ですし、売却時も外貨で支払われますので、
円に戻す必要があります。

売却時、売却益以外にレートによっては為替差益が得られる可能性があ
る一方、売却損と為替差損が出て、投資金額を割り込むリスクもありま
す。これが為替リスクです。

ではこの為替リスクを回避するためにはどうすれば良いのでしょう。一
般的には購入代金を外貨で用意する手段を使います。

具体的には①海外ETFを買う予定の証券会社で外貨建てMMF購入、
そしてその口座から自動換金する方法と②銀行に開設した外貨預金口座
から振り込む方法があります。

初心者におススメは①の外貨建てMMFを購入する方法です。理由は外
貨預金と比較して為替手数料が安いし(楽天証券では片道25銭から、
外貨預金では90銭からが相場になっています)、それ自体高利回りが
期待できるからです。

この外貨建てMMFを用いた購入方法は、SBI証券や楽天証券などで
可能となっています。

グローバルな視点で外貨を上手く使った運用が、リスクを軽減し、あな
たの海外ETFを成功に導きます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る