海外ETFにかかるコストはいかほど?

取引をした場合かかってくるもの、それが手数料。海外ETFも例外で
はありません。その種類としてはまず購入時・売却時にかかる①売買手
数料と②為替手数料、保有時にかかる③信託報酬、④外国株式口座管理
料があります。

初心者の方にもわかりやすく説明するため、ネット証券で米国ETF(
2009年9月現在)を購入したと仮定して説明していきます。

①売買手数料とは購入と売買に関する手数料です。SBI証券では10
00口までの購入場合は1注文で26.25ドル、楽天証券ではちょっ
と高めで31.5ドルかかります。マネックス証券は購入口数に関係無
く26.25ドルですので、購入口数が多い場合はお得です。

②為替手数料とは購入時と売却時、円とドルを交換する場合にかかる手
数料です。SBI証券、楽天証券、マネックス証券は同一価格、片道1
ドルあたり25銭かかります。

③信託報酬とは証券会社に支払う報酬のようなものです。海外ETFに
よってまちまちですが、年0.35%~0.95%程度と1%を割る場
合がほとんどです。

④外国株式口座管理料とは文字通り口座を管理するための費用です。リ
アル証券の場合は徴収するところが多いですが、SBI証券、楽天証券
、マネックス証券はすべて徴収しません。

手数料から考えると海外ETFは短期投資より長期投資の方がおススメ
です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る