ETFが欲しい!でも、どこでどうやって買えばいい?

ETFを売っているのは証券取引所です。証券取引所というのは、東京、
大阪、名古屋などにある法人で、株式などの売買を行っています。一般
の投資家は証券取引所と直接のやりとりはしません。証券会社を通して
の「委託売買」の形になります。

ETFは全国の証券会社で扱われています。現在では証券会社とのやりと
りもインターネットで簡単にできるため、証券会社に口座をお持ちでない
方は、まずは証券会社を選んで「総合取引口座」を開設しましょう。申込
みは各社のホームページからできます。

口座を開いたら売買ができます。欲しい銘柄を一口いくらで何口買うかを
指定し、買い注文を出しましょう。証券会社が証券取引所でETFを買え
たら注文成立で、これを「約定」といいます。

売るのも同じで、証券会社に対して売り注文を出します。ETFを証券取
引所で売ることができれば、売却代金を受け取ることができます。

ちなみに売り買いをする際には証券会社に対して手数料が発生します。
これを「売買委託手数料」と言います。

ちなみにインターネット上には、様々なネット証券の情報があるため、自
分に合ったネット証券を調べ、口座を開設しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る