ETFなら好きなタイミングで何回でも

証券取引所の営業時間を立会時間と呼びます。株などの売り買いができ
るのはこの立会時間内だけです。

東京証券取引所の立会時間は、平日の午前9時から午後3時までです。
この間11時半から12時半までは休憩時間のため取引ができません。
休憩前の午前中の立会時間を前場、午後を後場と呼びます。

大阪証券取引所は午前9時から午後3時10分までで、やはり同じ時間
が休憩となっています。意外と短い気がしますね。

ただし、証券会社によっては私設取引システム(PTS)によって、そ
れ以外の時間帯も注文を受け付けています。夜間取引ができる場合もあ
りますが、その時間は証券会社によって異なります。

ETFの市場価格は立会時間中、変動を続けています。実際の取引では、
取引時間の終了間際に株価が急上昇、なんていうことも珍しくありませ
ん。ETFなら好きなタイミングで一日何回でも取引ができるので、こ
ういったチャンスを逃しません。

投資信託ですと、売買はその日の基準価額で一日に一回できるだけです
から、自由度がまったく違うと言えるでしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る