ETF購入に必要な基本情報の収集から始めましょう。

ETFを購入する際に必要となる情報は、基準価格、売買単位、銘柄コ
ード、商品名(ファンド名)などですが、投資判断に必要な情報は、市
場価格、インディカティブNAV(取引時間中1秒毎に算出される1口
あたりの推定価値)、純資産総額、運用実績、期間収益率、資産内容(
組入銘柄)などがあります。購入する前に目論見書やカタログを入手し
必要な情報を確認しましょう。目論見書などの資料は運用・管理会社ま
たは証券会社のサイトからダウンロードまたは閲覧できます。

情報収集の基本は、まず東京証券取引所のサイト内にある「ETF・E
TNスクエア」をチェックするとよいでしょう。

東証には147本(2013/11月現在)のETF情報が、市場別、
規模別、業種別、テーマ別など連動する指標別に一覧することができま
す。

東証以外には、大証19本、名証2本、札幌1本、福岡1本(各201
3/1月現在)が上場されています。しかし、証券コード1319が5
市場に重複上場していますので、東証がマーケットの中心と言えます。

さらに代表的な指標であるTOPIXをはじめとした東証が提供するさ
まざまな指数をリアルタイムにグラフなどで閲覧することができます。

もう一方の代表的指標である日経平均株価指数は、日経新聞やヤフーフ
ァイナンスなどのサイトで市場が開いているときはリアルタイムに確認
することができます。

◎主なETF運用・管理会社(社名一部略記)=ETFセキュリティー
ズ・マネジメント、国際投信投資顧問、サムスン資産運用、シンプレク
ス、ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポー
ル、ステート・ストリート・バンク・アンド・トラスト、大和証券投資
信託委託、日興アセットマネジメント、野村アセットマネジメント、バ
ークレイズ・バンクBLC、BNCバリバ・インベストメント・パート
ナーズ、ブラックロック・ジャパン、みずほ投信投資顧問、三井住友ア
セットマネジメント、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ投信、ワールド
・ゴールド・トラスト・サービシズLLC。

※大証のETF情報は、大証HP>マーケット情報>統計情報>月間・
年間相場表>投信等から銘柄チェックできます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る