ETFの取引価格はどのようにして成立するの?

取引価格は、売り手と買い手の条件(需要と供給)が一致した場合に決
まります。ではここで、売手の中で最も安い値段を1000円(売り指
値注文で200口)が出されていたとしましょう。

この時、買手の中で最も高い値段が999円(買い指値注文100口)
という状況で、買い成行注文100口が入りました。この成行注文が
「価格優先の原則」から1000円で100口約定し、1000円が取
引価格になります。

さらに残り100口に対して、買指値注文1000円/100口がAと
云う買い手から、次にBからも同じ条件で注文が入りました。この局面
ではどちらの注文が早いかという「時間優先の原則」から先に注文を出
したAが約定することになり、Bは約定できません。さらに、999円
の買指値注文は、売り注文が999円以下の価格もしくは売り成行注文
100口以上がでるまで約定できないことになります。

ですから注文を成立させるためには、「価格優先の原則」(指値注文よ
り成行注文が優先される)と「時間優先の原則」(同じ価格なら早い注
文が優先される)という取引ルールを理解しておく必要があります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る