日経平均株価型とTPOIX型はどう違うの?

日経平均株価は、日本経済新聞社が公表する、日本の代表的企業22
5銘柄の値動きを示す指標で、日経225とも呼ばれています。比較
的資本金が小さく株価の高い小型株が多く組み入れられています。そ
のため、値動きしやすく、成長の可能性が高いといわれています。

一方、TOPIXは、東京証券取引所が公表している東証一部上場の
約1,700銘柄の値動きを示す指標で、比較的資本金が大きく、時
価総額の大きい大型株の影響を受けやすくなります。そのため、値動
きしにくく、株価が安定しているなどといわれています。

つまり、日経平均株価型は小型株、TOPIX型は大型株の動きに左
右されやすいということですね。

この二つの指標は同じような動きを示しますが、では、どちらがET
F投資に向いてるのでしょう。それは、日経平均株価型ETFです。

なぜなら、値動きしやすいということは変動幅が大きくなるというこ
とです。これを長期的に保有することでTOPIX型より大きな利幅
が得られるからです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る