海外にも一目置かれるFXの個人投資家

FX、つまり外国為替証拠金取引は先物と似ており、レバレッジにより
僅かな資金で大きな金額を動かすことが出来ます。

銀行で外貨預金などをすると納得の行かないほどの高い手数料を取られ
ますが、FXならば業者の手数料争いが激しいので銀行よりもはるかに
安い手数料で買うことが出来ます。

また、FX業者には銀行に比べ良心的な手数料で外貨の両替を行ってく
れるところもあるので必要であれば銀行に行く前にそういった業者を探
してみてください。

また株や不動産よりもやりやすいのでFXをやっている人は多く、大き
く儲けた人も珍しくありません。例えば3年間の間に4億円を儲けた主
婦の方もいらっしゃいます。その人が脱税で有罪になったことが報じら
れ、知名度が広がりFXを始める人も更に増えたようです。

FXの人気はかなり大きく、日本のサラリーマン、主婦が昼休みに売買
するだけで大きく値が動き、海外のマスコミに『ミセスワタナベ』とか
『キモノトレーダー』などと名付けられ、マーケットを左右する要素の
一つとして注目されています。

FXは証拠金取引であり、レバレッジが可能ですが、大きな金額を動か
すことは儲けに対する期待と同じだけのリスクが有ります。ギリギリの
証拠金での運用は勝つか負けるかの投機的なスタイルです。余裕を持た
せて資金を証券会社に預けていればその分だけ値動きに対する緩衝材に
なります。

実際にFXで売買をする時はスプレッド(買値と売値の差額)があり、
ポジションを持った時点では少しだけ赤字になることも覚えておいたほ
うがいいでしょう。

また、スワップポイントというものがあります。これは通貨ペアの金利
の差によって決められます。その差額を一日単位で受け取り、あるいは
支払いの計算をします。

例えば金利の高いオーストラリアドル、ニュージーランドドル、南アフ
リカランドなどの買いポジションを持った場合、日本円の低い金利と比
べて圧倒的に高いので毎日スワップポイントを受け取ることが出来ます。
逆に売った場合はスワップポイントを支払わなければなりません。

基本的にはほとんどのFX業者は手数料は取りません。スプレッドが手
数料代わりという形になっているところが多いようです。逆にスプレッ
ドが殆ど無く、代わりに手数料を別に取る業者もあるようです。

スワップポイントに関しても業者によって様々で、例えば売りがマイナ
ス5円と買いがプラス5円といったようにスワップポイントが同じだっ
たりそうではなかったりしますし、全体的にスワップポイントが高いと
ころとそうでないところもあります。

スワップポイントが他と比べて不利な業者でも他に強みを持っている場
合も多いですし、なかなか個性的な業者がたくさんあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る