外貨投資と外貨預金の始め方

それでは、外貨に投資するというのは、どういうことを指すのでしょうか?

FXは「世界中の通貨を交換することで利益を上げる」という仕組みになっているのですが、この「通貨を交換」するというのはそもそもどういうことで、交換するだけで儲かる仕組みとはどういうものなのでしょう。

「交換するだけで儲かる」というのが結論ですが、ただ、確実に儲かる訳ではなく、逆に損をする場合もあります。

そこで注意しなければならない点に、自分の持っている千円札と1万円札を交換してくれる人はいません、同じ価値を持つお金で1万円札同士なら交換は可能ですが、同じ価値のお金を交換し続けても、一向に利益は上がりません。

FXとは、お金を使ってお金を増やすという、いわゆる「投資」というものになり、一般的に「投資」と聞けば「株」をイメージする人も多いと思いますが、最近では株と同様に「外貨」もポピュラーな投資対象となっています。

特に日経平均が下落傾向にある時には「株取引より外貨の方が良い!」と考え、FX取引を始める人が増えています。

外貨はその名の通り「外国の通貨」のことなのですが、通貨が投資対象になるというのは、一体どういうことなのでしょうか。

また、具体的にはどのようにすれば利益が上がるようになるのでしょうか。

そこでまず、「外貨で稼ぐための準備」として、「外貨預金」の解説から始めていくことにします。

ここで言う「外貨預金」とは、その名の通り「外貨での預金」ということで、通常の預金は「円」ですから、当然通帳の残高欄には「円」で記述がされているはず。

この記述が「外貨預金」となれば、通帳に「ドル」「ユーロ」「ポンド」などで記載されるという訳。

簡単に言えば、自分が持っている「円」を一度外国の通貨に替え、外国の通貨として預金をすることです。

外貨預金の方法は、銀行やコンビニのATMにドルやユーロ札を入れたら完了!ではなくて、外国の通貨を預金する口座である「外貨預金口座」というものが必要。

それではその「外貨預金口座」はどこで作るのかと言えば、これに関しては普通の通帳を作る時と同じく、銀行に行って依頼するだけでOK。

ただ、全ての銀行で作れる訳ではなく、窓口も通常の円取引とは別になります。

しかし、それ程難しいことではなく、インターネットなどで、「外貨預金」を調べ、取り扱いをしている銀行に行って問い合わせればすぐに口座を開設することができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る