FXとはいったい何?外貨取引の基本

そもそもFXって何なの?という方、FXとは、もの凄く簡単に言えば、『世界中のお金を交換して設ける仕組み』という一言になります。

例を挙げると、「円とドル」「円とユーロ」「ドルとポンド」など、外国の通貨を交換することで利益を上げることができる仕組みなのです。

10万円程度の手持ち資金から始められ、24時間取引可能な投資の仕組みを、FX口座と言われる口座を開設すれば利用することが可能になります。

投資と聞けば、遥か昔からある「株」が超有名で、知らない人はいないと思いますが、FXでも基本的にやっていることは同じとなります。

「安く買って高く売ればその差額が儲けになる」「保有期間中に配当(FX用語ではスワップポイント)を受け取れる」という、基本的には2つの儲けのポイントがあります。

株価が低迷している時は、株を買っても儲からない時期が長く続き、それがくり返し投資家を襲ったため、株取引を行なっていた人達がFX投資に注目するようになってきました。

くり返しになりますが、FXとは「外国のお金を買って、その通貨が高くなれば儲かり、逆に安くなれば損をする。」という至ってシンプルなものです。

FXがここまで急速に支持を集めた理由として、

○株よりも選択肢が少なく素人でも分かりやすい

○相場が下がり基調の時でも利益を上げることができる

○小額でも大きく稼げる仕組みがあること

などが挙げられますが、株取引と同じく、FXに関しては良いニュースばかりではありません。

FXの人気が急上昇した時、FXを取り扱う「FX業者」はとても儲かったと言われ、それゆえ悪徳業者の数も一気に増え、FXによる詐欺事件も多発する結果となりました。

現在では法が整備され、以前に比べれば悪徳業者の数は減ったと言われていますが、全くいなくなったという訳ではありませんから、詐欺に遭わないように基本的なことをキチンと勉強してから取引を開始されることをおすすめします。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る