いろいろな投資で大損をしてしまう原因とその対策法

取引システムの安定性が重要な理由

FXをする際には、コンピューターの力を使うのは当然のこと
となっている現在、このコンピューターによる取引システムが
安定しているということが、非常に重要なポイントとなります。

FXでは、秒刻みで値段が変わっていくため、意図した値段で
瞬時に注文を受け付けてもらえなければ、時には大幅な損失を
こうむる可能性があるのです。

電話での注文と違い、システムの安定性はなにものにもおいて
重要で、インターネット取引の場合は、取引システムが脆弱で
肝心な時にサーバーがダウンしてしまうようなことが起きれば、
その間取引が停止してしまいます。

インターネットを利用していると、「多大なリクエストの影響
により、繋がりにくくなっています」などと表示されることが
ありますが、あれはアクセスが増えすぎてサーバーが負荷に耐
えられなくなった場合に起こります。

一般のホームページやブログでこの現象が起きても、それほど
大きな影響はありませんが、FXの管理画面で同様のことが起
きれば、これはかなりの大問題。

取引をしようと思っている時に、「繋がりにくくなっています」
と表示をされようものなら、思い通りの値段で買えないばかり
か、保有している外貨を売ることもできません。

相場が急落してどんどん損が出ている時でも、システムが回復
するのを指をくわえて待っているしかできないのです。

もし、このような状態になれば、本当に嫌だと思いませんか?

ですからFXにおいて、取引システムの安定性と信頼性は非常
に重要なのです。

ただ、残念ながら、FX業者のパンフレットやホームページを
見ただけでは、その会社の取引システムの安定度や信頼度など
は分かりません。

では、どうすればよいのか?

結論を言えば、各社のシステムの安定度や信頼度を正確に測る
ことはできないのですが、インターネットの掲示板やクチコミ
サイトなどでその会社の評判や評価を確認することができます。

過去に度々システムトラブルを起こしている会社であれば、ネ
ット上に批判記事が多く書かれているはずで、鵜呑みにする訳
にはいきませんが、ひとつの判断材料として使えるのではない
でしょうか。

しかしながら、FX業者も100社以上が乱立しているため、
全てを調べていては、いつまで経ってもFXを始めることがで
きないため、「業界大手の会社」「歴史のある会社」「大手企
業の関連会社」などといったキーワードで探してみるのもよい
かもしれません。

関連記事

カテゴリー