いろいろな投資で大損をしてしまう原因とその対策法

FX口座の開設方法

FXのトレーディングを開始するためには、FX業者(最近で
は証券会社にFXの窓口があるところもアリ)に口座を開設し
てもらわなければなりません。

ただ、手続きは非常に簡単で、銀行口座を開く時と同じような
手続きで開設ができます。

大まかな流れを説明すれば次のようになります。

口座開設の資料をインターネットや電話などで取り寄せ

          ↓

資料が届いたら必要事項を記入の上、郵送で返送
(年収・取引経験年数・投資目的などの質問欄があります)

          ↓

数日後に口座番号が届きます

          ↓

取引に必要な資金を銀行に振り込みます

以上のような流れで、FXの口座を開設することができ、イン
ターネットで「FX」と検索かければ、いくつもの業者が出て
きますから、まずは資料を請求してみることから始めてみまし
ょう。

このように、口座開設自体は難しいことは何もないのですが、
ここで迷うのは、どの会社でFX口座を開設するべきなのかと
いう点です。

取引自体をするのは自分自身なのだから、業者はどこでもよい
という訳ではありません、法律が整備されてきたため、近年で
はかなり減ってきてはいますが、それでも中には「悪徳業者」
と呼ばれる業者も存在するからです。

FXの仕組みをきちんと説明もせず、ただ儲かるというだけで
損をするリスクが無いような営業トークをしたり、悪質な場合
は預かったお金を返さなかったりするケースもあります。

さらに、手数料やスプレッドが不明確であるなど、様々な手口
があるため、油断はできません。

しかし、FXの悪徳業者をうまく避けたとしても、それぞれの
業者によって手数料やサービスに違いがあり、まったく同じ取
引をしていても、最終的に得られる利益額やメリットに違いが
出る場合もあります。

関連記事

カテゴリー