FXにおける信託保全について

FXの取引を行う上で重要となりますのが信託保全ですが、信託
保全とはFX業者が利用者から預かった保証金を、信託銀行など
の第三者に管理を委託して資金を保全する方法です。

この資金を保全する方法があることによって、FX業者が破たん
したときに、預けている資金を失うことがなくなります。

また2010年2月からFX業者の全額保全が義務づけられたこ
とによって、安心して利用する人が増えたのですが、信託保全が
あるからといって安心しないようにしましょう。

そして完全信託保全と一部信託保全があり、前者は顧客の証拠金
を完全に金融機関の口座に預けて分別管理することです。

後者は顧客の証拠金の一部を金融機関の口座に預けて分別管理す
るのですが、残った証拠金は業者で管理することになります。

この後者はFX業者が破たんした場合に、証拠金の一部が戻って
こない可能性が有りますので、初心者の人は業者を選ぶときに完
全のほうを選ぶのが無難で良いですよ。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る