<ダメパターンを知る>塩漬けで身動きがとれない状態を防ぐには、損切りしかありません

戒めのために知っておきたい負けパターン。そのひとつに「塩漬けだら
けで身動きが取れなくなるパターン」があります。

予想が当たれば利益が出るし、逆の場合は損をするのがFXを含めた投
資全般の常ですが、塩漬けは損を確定させるのが嫌なあまり、含み損の
状態で放置してしまうことです。

うまく相場が戻ったときには損失を出すことなく塩漬け状態から脱出で
きますが、残念ながらFXはレバレッジがあるので、膨らむ含み損によ
って証拠金が足りなくなるケースも少なくありません。こうなってしま
っては強制決済となり、塩漬け状態の維持すらできなくなります。

この負けパターン対策は、くどいようですが、やっぱり損切りを徹底す
るほかにありません。

損切りをきっちりと行うには、証拠金の残高に対する割合できっちりと
金額の目安を決めること。それから「この額まで損したら決済する」と
いうストップ注文を、エントリーするときに必ず仮注文として入れてお
くことを自分のルールとして課すのです。これさえ行えれば、相場が自
分の予想に反したときは、あっさりと損が確定します。

損が出ることはショックではありますが、そこは気持ちの持ち方を切り
替えて「損失は出たものの、損失の幅は自分が想定した範囲内できっち
りと止まった」と考えるのです。

ここまで言っても、損切りはすぐにできるものではありません。つい誘
惑に負けてストップの仮注文を入れないでおいてしまったならば、どう
なるのか。当然、大きな含み損で身動きがとれなくなってしまいますが、
この状態が、デモトレードで練習している間に訪れたとしたら、それは
デモで幸いだったと思いましょう。デモの苦い経験を肝に銘じて「わか
っていても損切りできない」から卒業して、当然のごとく損切りができ
るようになりましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る