証拠金とは何?レバレッジはどのように働くの?

レバレッジ効果を使うのは、FX取引の特徴ともいえるでしょう。レバ
レッジの言葉の意味は「てこの原理」、つまり小さな力で大きなものを
動かすことです。投資用語では自己資金が小さくとも、借り入れによっ
て大きな金額を動かし、大きな利益を得ることをいいます。

また、FXに限ってレバレッジは2種類あると覚えておきましょう。
ひとつは使う証拠金に対して何倍のポジションを持つかをいう言い方で
普通の意味での『レバレッジ』と呼びます。

25万円の証拠金があるときに、10万円を使ってレバレッジ25倍な
らば、250万円のポジションを持つことができます。

一方で、口座にある証拠金に対して、ポジションがどれだけであるかに
着目した言い方があり、こちらを『実質レバレッジ』といいます。実質
レバレッジ10倍で口座の証拠金が25万円ならば250万円のポジシ
ョンを持つことができます。

2つのレバレッジの違いは、証拠金全体を視野に入れているかどうかで
す。通常の『レバレッジ』は証拠金の何倍を使えるかを表すだけであり、
数字が大きいほど大きく稼げるイメージがあります。しかし『レバレッ
ジ』の数字が大きいほど損失が急に増えて危険なのも事実です。ちなみ
に、実際は金融庁の規制により、通常の『レバレッジ』は最高25倍と
決められています。

対して、『実質レバレッジ』は口座にある証拠金全体との比率をいう数
字ですので、自分の口座残高がいくらで、取っているポジションは安全
かどうかを常にチェックできます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る