投資はある意味利益の奪い合い!?

今の世の中、本屋さんには様々な「投資関係」の本が並び、こ
のサイトの本筋であるFXの他に、株や投資信託などの本や雑
誌が所狭しと並べられていて、目移りするほどです。

その中でも特に人気が高い投資本や雑誌には、ある共通点があ
ることにお気付きでしょうか?

それは、「誰でも簡単に、短期間で利益を上げることができる」
というような事が書いてある本や雑誌です。

「サラリーマンでも億万長者に!」「100万円を短期間で1
億円にする方法!」「子育てママでも株で月々100万円!」
など、興味をそそるタイトルがついている本や雑誌が売れる傾
向にあるようです。

それではなぜこのようなタイトルの本や雑誌の人気があるのか、
考えたことはあるでしょうか。

それは、その本や雑誌のタイトルのように、簡単に楽して儲け
ようと考えている方が多数いるからです。

しかし、そのような考え方は非常に危険で、投資の世界では、
一般のサラリーマンが仕事の合間に「片手間」でやろうとして
いる投資を、本業にして生計を立てているプロが大勢います。

本業にしているプロは、投資自体が仕事のようなもののため、
もちろん24時間取引に関わり、利益を上げることに全精力を
注いでいます。

それでも時には運用成績がマイナスになる人や組織がある程。

そんな人生を賭けているようなプロに混じって、片手間で余裕
資金を使って楽に儲けることなどできるのでしょうか。

株やFXなどの金融投資の特徴は、儲かる人がいればその一方
で必ず損をする人がいる、プラスマイナス・ゼロの世界。

これを「ゼロ・サム」と呼んだりしますが、要は利益をみんな
で「奪い合う」世界。

自分が取引で10万円儲かったとすれば、世界中のどこかで必
ず10万円を損した人がいるのです。

この世界は、普段仕事をしていて、利益をあげているのとは本
質が全く異なり、ある商品を10万円で販売したとしても、必
ずしも別の誰かが10万円を損する訳ではなく、これはなぜか
と言えば、自分や会社が儲けることと、隣の他人や会社が儲け
る(損する)ことに直接的な関係がないためです。

しかし、FXや株取引の場合には、強い人が利益を取り、弱い
人が強い人に利益を奪われる、まさに弱肉強食の世界。

このようなことを考えると、FXや株取引初心者がプロと同じ
ように儲けるのは非常に難易度が高く、ましてや簡単に楽に短
期間で儲かることなどあり得ないのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る