最低の取引単位はFX会社によって違いが・・・

トレード1回の最低限取引単位はFX会社がそれぞれ決めています。ま
た、この最低取引単位を通称で「1枚」と呼びます。

多くのFX会社では1枚を1万通貨としています。この場合、米ドル/
円ならば1枚=1万ドル、ユーロ/円ならば1万ユーロです。また日本
円の場合は1ドル90円のレート時には90万円、1ユーロ110円の
レート時には110万円となります。

そして注文するときにはレバレッジ分の、25分の1が証拠金として必
要です。米ドル/円の通貨ペアで、1万ドル90万円のときには3万6
000円。ユーロ/円の通貨ペアで1万ユーロが110万円の場合に4
万4000円の証拠金が必要となります。

最近ではたとえば1000通貨や100通貨などと、最低限取引単位を
小さく設定するFX会社が増えています。単位が小さいので、初心者に
とってはリスクを抑えて取引できる点が魅力です。

極端な例では1通貨から取引できるFX会社もありますが、取引単位が
少ないということは、リスクが少ない分、得られる利益も少ないことを
覚えておかなければなりません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る