FXは「為替差益」と「スワップ金利」で儲ける

FXで儲ける方法は2種類あります。それは「為替差益によって儲け
る」と「スワップ金利によって儲ける」方法。

たとえば1ドルが100円の時に10万円分のドルを買ったとします。
3ヶ月後に1ドルが105円になっていたとしたら、10万円が10万
5000円になります。ここで生まれる5000円の利益が「為替差益」
です(ただし手数料を除く)。FXでは「高くなると予想する通貨を買
って、高くなった時に売る」「安くなると予想する通貨を売って、安く
なった時に買い戻す」という取引をするのが基本であり、まずは差額分
の利益によって儲けを生み出すのがFXの第一歩といえます。

もうひとつの方法「スワップ金利」とは、通貨と通貨の金利差を使う方
法です。FXではある通貨を買って、別の通貨を売りますが、この状態
を続けている間それぞれに金利が発生します。買った通貨の金利がもら
え、売った通貨の金利を払いますので、金利が高い通貨を買って、金利
が低い通貨を売れば金利の差益が生まれます。この金利差が「スワップ
金利」と呼ばれるもので、毎日コツコツと貯まっていく利益です。

ちなみに金利はFX会社によって異なるものですが、その通貨が流通す
る国の政策金利に連動していますのでFX会社による違いはさほど大き
くはありません。

FXでは基本的に為替差益による儲けを求め、並行してスワップ金利で
も儲けるのが理想です。しかし簡単にうまくいくものではありませんの
で、はじめは差益を主軸とし、サブでスワップ金利を求めるのがよいで
しょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る