余裕資金から元手を準備し、インターネット環境を整えてスタート

はじめてFX取引をするときに、知っておきたいこと、注意したいこと
をまとめます。

FXは、はじめにFX会社に証拠金を預け口座を開く必要がありますが、
元手ともいえる証拠金は余裕資金から出しましょう。FXは大きな利益
を得られる可能性がありますが、と同時に、損をする可能性も常につき
まとうものです。たとえ無くしたとしても生活に支障がないお金をベー
スにすることが成功につながると言っても過言ではありません。

決して行ってはいけないのは、将来のために積み立てた貯金や子どもの
教育費として準備したお金、生活費などをFXにつぎ込むことです。借
金してFXに投資するのはもってのほかです。

FXをはじめるのに、最低必要となる金額はFX会社によって定められ
ていてそれぞれ違いますし、最低取引単位とレバレッジによっては数千
円からスタート可能なFX会社ももちろんあります。しかし、稼げるよ
うになることを目標にするならば、用意する元手の目安は30万円と考
えましょう。

また、FX取引をするにはパソコンとインターネット環境が必要です。
インターネット接続には、光ケーブルや無線LANなどの「回線」と、
プロバイダーと呼ばれるサービス会社が提供する「接続サービス」がそ
ろっていなければなりません。パソコンと周辺機器の購入・サービスの
契約料といった初期費用に加えて毎月ランニングコストもかかります。

自宅にネット環境を構築するにあたり、専門知識がなくて自信がない人
は家電量販店のサポートサービスを活用して申し込むことをおすすめし
ます。

一方、最近ではスマートフォンでもFX取引は可能となっています。ス
マートフォンを使って取引をするのは初期費用が抑えられる点が魅力で
すが、スマートフォンの小さな画面では取引がしづらいように思います。
初心者ならばなおさら、パソコンを用意してチャートの見方を身につけ
てから、スマートフォンも併用するとよいと思います。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る