円高と円安について、感覚で分かるようになりましょう

FXでは2つの通貨のどちらが高くなり、どちらが安くなるかを予想し
て通貨の売り買いをします。FX取引をするならば「円高」の状態と
「円安」の状態、それぞれが直感で分かるようになりたいものです。

たとえば1ドル90円の時には1万ドルが90万円ですが、1ドルが1
00円になると1万ドル買うのに100万円要ります。すなわち「1ド
ル90円の方が円の価値が高い=円が高い」となります。90円、10
0円という数字に惑わされてはいけません。

考え方の基本として覚えておきたいのは「円」は支払い側の通貨となる
パターンがほとんどであるということ。1ドルに対して円をたくさん払
わなければならない状態は「円の価値が低い=円が安い」状態です。

ところが持っているのがドルで、ドルを円に換えたいとき、つまり「ド
ル」が支払い側の通貨となったときは逆になり「円の価値が低い=円が
安い」状態の方が、同じ1ドルをたくさんの円に換えられて有利です。

どの通貨を売るのか、または買うのかを瞬時に判断しなければならない
FXでは、この感覚がとても大切です。ある程度慣れが必要なので、ト
レーニングをしていきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る