FXでのレバレッジのうまいかけ方

FXの取引でよくきくのがレバレッジですが、レバレッジとは、
日本語で言いますとテコという意味で、FX業者に預けた証拠金
を元手にして証拠金の金額以上の大きな取引ができることです。

またレバレッジは倍数で表されていますので、初心者の人は分か
りにくいと思いますが、10万円の証拠金を預けたときに100
万円の通貨を購入すると、100万円÷10万円=10倍という
レバレッジになるのです。

そしてFX取引でのレバレッジのうまいかけ方は、倍数を低めに
設定したかけ方が良いと言われていて、特に初心者の人は低めに
設定してスワップ金利のほうで利益を出していったほうが、リス
クを最小限に抑えることができ、取引も上手くなっていくでしょ
う。

それと取引が安全だと分かった場合は、少し高めに設定して利益
を多く発生させるのも良いのですが、少しずつ高くしていくよう
にしてください。

かけ方ひとつで取り返しがつかないこともありますので気を付け
ておきましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る