<FXを始めたのはこんな人>平日の日中は本業が忙しい税理士のTさん、時間の制約覚悟で、日本一の兼業トレーダーをめざす!

本業が税理士なので、会社経営者とのおつきあいの中で考えさせられる
ことが多くあります。勉強のためにリスクを取って稼ぐことを経験して
みようと思い、FXを始めました。始めてみて思うのは、これからの時
代は国や会社に「してもらうこと」を期待してもだめだということ。本
業以外に稼げる手段を誰もが持ち、リスク分散するべきだということを
感じています。

始めたばかりの頃は知識も乏しく、うまくいきませんでした。恥ずかし
ながら最初、FXなんて競馬みたいな投機だと思っていたんです。その
後、商材を買い漁ったり、セミナーに参加したりして勉強をし、FXは
投資であることを学びました。ようやく結果が出せるようになったきっ
かけは、自分のトレードの記録をつけて同じ失敗を繰り返さないように
したことと、情報商材をあちこちかじって真似するのではなく、自分の
手法を確立して取り組んだことでした。

昼間は本業の税理士として仕事をし、主に夜、デイトレードを行ってい
ます。FXにかけられる時間に制約があるので、値動きが大きくてスプ
レッドが狭い通貨ペアを狙い、長い時間のローソク足を中心に使ってト
レードしています。私は兼業でありながらトレードのチャンスを見逃す
のが嫌なので、トレードポイントをメールで知らせるツールなどをいろ
いろ試し、自分に合ったものを活用するようにしています。

1年前に元手40万円で始めて、今は80万円ほどが口座にあります。
理想は日本一の兼業トレーダーですが(笑)まだ理想にたどり着いてい
ない状態です。

冒頭に申したように、私の場合は本業のお客様とのおつきあいが刺激と
なってFXをはじめましたが、FXはどなたにも夢の実現をもたらすも
のとしておすすめです。税理士の立場として一言添えれば、FXは他の
所得より税制上優遇されているのも魅力です。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る