RCI3本使いでトレンドの勢いを読み、無駄なエントリーを減らす

RCIを同時に3本、たとえば短期(9)、中期(26)、長期(5
2)を同時に表示してみましょう。さらにこの3本を、時間軸が1日の
バージョン、4時間のバージョン、1時間のバージョンと変えて見てみ
ます。

着目するべきは、短期(9)の動きを他の2本と比較して、それぞれが
どのような関係になっているかです。当然のことながら相場の動きは短
期のRCIに真っ先に反映されますので、短期から動き始め、続いて中
期・長期のRCIのアップダウンへと表れるわけですが、トレンドの勢
いが強いほど、RCIのラインが向かう方向は一致します。

日足や4時間足で短期(9)のみ底から少し上を向いた時や、天井近く
で少し下を向いたとき、1時間足でラインが示す方向へのトレードは
「やや強気」であり、反対方向へのトレードは「やや弱気」と見ます。

さらに強いのは3本が揃うときです。日足や4時間足でRCI3本が揃
って底から少し上を向いた時を「3重底の反転」と言い、天井近くで少
し下を向いた時を「3重天井の反転」と言い、どちらもトレンドの勢い
がとても強いことを意味します。1時間足でラインが示す方向へのトレ
ードは「超強気」であり、反対方向へのトレードは「行ってはならない」
と見ます。

RCIの使える点は、これまで述べたように売り買いのタイミングを見
ることのほかに、相場の動きを『待つ』ための判断材料にもなることで
す。中期(26)、長期(52)のRCIが上向きであるのに、短期
(9)が下向きのときは待ちです。その後、短期(9)も揃って上向き
になった瞬間が買いのチャンスです。このようにRCIを使いこなすと、
待ちのトレードも身につけられ、結果的に無駄なエントリーを減らすこ
とができます。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る