基本となるチャートはローソク足

「ローソク足」とはテクニカルチャートの基本ともいえるチャートです。
ローソク1本が示す時間は、1日、4時間、1時間、30分、15分、
5分、1分などがあり、それぞれの時間内において「始値(はじめね)」
「終値(おわりね)」「高値(たかね)」「安値(やすね)」を表して
います。

時間内において、始値より終値が高いとチャート上で白ヌキまたは青で
表示される「陽線」となり、始値より終値が低いと黒ヌリまたは赤で表
示される「陰線」となります。始値と終値の間がローソクの実体です。
そして始値・終値よりも高値・安値がそれぞれ上下に出た場合はローソ
クの実体との間にヒゲができます。

取引価格をこのように記録すると、1本のローソクから時間の経過と相
場の変化が視覚的に分かるようになります。また、ローソク足には典型
パターンというものがあり、トレードにおける重要な判断基準となって
います。

「大陽線」はヒゲがない本体のみの長い陽線で、上昇の勢いが強いとき
に現れる「買い」のシグナルです。またの呼び方を「陽の丸坊主」とも
いいます。真逆のパターンで下降の勢いが強いとき現れるのがヒゲがな
い本体のみの長い陰線「大陰線」で、こちらは「売り」のシグナルです。
またの呼び方を「陰の丸坊主」ともいいます。

そして、上下に短いヒゲがつく、ほどほどの長さの「中陽線」はもみ合
いながらも上昇するときに現れるシグナルです。「中陰線」は逆にもみ
合いながら下降するときに現れます。

ほか「カラカサ」「トンカチ」は長いヒゲの上または下に短い本体が付
いたパターンをいいます。相場がいったん下げてから上昇する、または
上昇した後に下げたことを示し、ヒゲの長さが長いとトレンド反転の強
いシグナルとなります。

値動きが少ないときに現れるのが「十字足」「陽のコマ」「陰のコマ」
などで、それぞれの前後にあるローソクと組み合わせてどちらにトレン
ドが移るのかを判断する材料とします。基本チャートにはほかに平均足
(コマ足)、ポイント・アンド・フィギュアなどがあります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る