相場分析の手法はふたつ『ファンダメンタルズ』と『テクニカル分析』

FXの取引には相場を分析する必要があり、その分析方法は『ファンダ
メンタルズ』と『テクニカル分析』のふたつがあります。『ファンダメ
ンタルズ』とは、社会や経済の動きを指標として判断するものです。

指標の変化や経済が大きく動くようなニュースが流れるとき、たとえば
アメリカで失業率などの経済指標が発表される日には、発表の内容によ
って為替相場が大きく変動します。日銀が「金融緩和を進める」という
ような発表がされるときには、金利が下がって円安が進むという予測が
たちます。これがファンダメンタルズ分析です。

それに対して『テクニカル』とは、相場分析をするチャートを用いて、
上昇トレンド、下降トレンドと呼ばれる規則性を読み、相場の動きを予
想するものです。相場とは多くの要素が作用しあって動くものなので、
何をしたら正解というものではありませんが、上昇や下降、それぞれの
動きの幅や変化率などには規則性や傾向があります。

この規則性を過去の事例に照らし合わせて予測しようとするのがファン
ダメンタルズです。ふたつの分析には一長一短がありますので、自分の
スタイルに合わせてどちらの分析を重視するかを決めましょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る