通貨の組み合わせはどのように選んだらよいのでしょうか

どの通貨を買ってどの通貨を売るのか、この組み合わせを「通貨ペア」
といいます。デモトレードして自分と相性がよいペアを見つけるのもよ
いですが、慣れないうちはスプレッドが小さい「米ドル/円」「ユーロ
/ドル」がおすすめです。また外貨同士のペアは感覚的に理解しづらい
ので、チャートが円で表示される「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ド
ル/円」「ポンド/円」がわかりやすくていいでしょう。

ペアによって、前に記載する通貨と後ろに記載する通貨があることも覚
えておかなければならない独特のルールです。前に記載する通貨を「基
準通貨」と呼び、後ろに記載する通貨を「カウンター通貨」と呼びます。

相場のレートは基準通貨を1単位取引するのに、カウンター通貨がいく
ら必要かで表します。たとえば「米ドル/円」の通貨ペアで「買い」と
いったら円を売り1ドルに換えることをいいます。「売り」は1ドルを
売って円に換えることをいいます。

ちなみに円は通常「カウンター通貨」で、ペア名として読むとき後ろに
きます。米ドルも、対ユーロ、対英ポンドにおいては「カウンター通貨」
となります。

いろいろな通貨ペアを試すのはよいことですが、ひととおりの通貨ペア
を試したら、ペアは絞った方がよいでしょう。あちこち眺めていると集
中力が保てませんし、たまたま大きく値動きする通貨ペアがあると、衝
動的にエントリーしてしまいがちです。週末などに冷静に通貨ペアを選
択し、週の間は選んだペアに集中したほうが勝てる確率が高いといわれ
ています。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る