勝率を上げることと、負けの額を減らすことで、トータルで勝てるコツ を身につけましょう

デモトレードを通じて、エントリー・決済のタイミングや、基本チャー
トの読み方が正しいかどうかを体験することはとても重要です。しかし、
これらの知識やテクニック以上に体験するべきはメンタル面の葛藤かも
しれません。

デモトレードとはいえ、勝てばうれしいし負ければショックを受けます。
大きな損失を出したときなどは立ち直れないほど落ち込みます。こうい
った気持ちの浮き沈みを、自分でどうやってコントロールするのか。長
くFXを続けることや、勝ちを手にすることに向けて真剣になればなる
ほど大切なことと言えるでしょう。

「ストップは必ず入れてエントリーする」と決めたのに、欲に目がくら
んでルールを破ってしまうのは自分の弱さです。「利益が増えて嬉しい」
「ここをこうしたらうまくいった」というプラスの体験とともに、ぜひ
「こんな気持ちが足を引っ張った」「このように自分でルールを破った
がために、○○の損失を出した」などマイナスの自分もぜひ記録に残し、
二度三度と同じ間違いを起こさないようにしましょう。

FXにおいてトータルで勝つにはコツがあります。

投資は全般に確率の勝負といわれ、これはFXにも当てはまります。ど
んなに優れた人でも100%勝つのは無理ですが、勝率を上げることが
コツのひとつ。そのためには勝ちトレードのパターンを多く経験し、勝
ちパターンとそのときそのときを比較しながら丁寧なトレードを行うこ
とです。

そしてもうひとつのコツは勝ちパターンでできるだけ利益を取り、負け
トレードでは損失額を押さえ、トータルで勝つことです。特に負けに対
する気持ちの持ち方は自分で自分に何度も言い聞かせ、常に「トータル
で勝てばいい」と徹底して思うことです。

デモトレードを1ヶ月ほど行って、最後の1週間では「トータルで勝て
ばいい」が実践できているかを確認しましょう。うまくいかない場合は、
一度気持ちを切り替えて、もう一度出直してみることです。

残念ながら何度気持ちを切り替えてもトータルで勝ちに持っていけない
ようでは、実際のトレードを行うのは危険と判断したほうが賢明かも。
実質のレバレッジを下げて、外貨預金くらいの感覚で資金を運用する考
えに改めるのも、投資という厳しい世界で利益を上げるためには大切な
ことなのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る