上がっても下がってもなんだか嬉しい投資法とは?

「相場が下がったら辛いに決まっている!何を言っているんだ?」そう
思われても不思議ではありません。でも、あるんです。下がると嬉しい
投資法が。それは、積立投信。

積立投信とは、毎月決まった額をコツコツと積み立てていく投資方法の
ことを言います。ネット証券などであれば、500円からコツコツと積
み立てることが出来ます。

仮に、一度に100万円を投資したとしましょう。その後、急に株価が
下がりました。そうすると、がっかりです。投資を止めてしまおうかと
考えるかもしれません。

その点、積立投信であれば、少額なので、価格が下がってもあまり気に
する必要はありません。むしろ、価格が下がれば、多く買付することが
できるので嬉しいといった気にすらなるのです。価格が上がればもちろ
ん嬉しいですが・・・。

このように、相場が上がっても下がっても嬉しいという精神衛生上、大
変よろしい投資法が積立投信で。

毎月、銀行口座から自動的にひき落とし出来るので、めんどくさがり屋
さんにもピッタリの運用方法。忘れることもないですし、手数料もかか
りません。

自分の意思で毎月買付をするとなると、高いときには買い渋ったり、
「今日じゃなくて明日にしようかな・・・」なんて考えたりして、買い
時を失うことも出てきますが、自動だとその心配も不要。

この自動積立をしていて、一番得をしたのは、リーマンショック後ずっ
と続けていた人ではないでしょうか。リーマンショック後、多くの人が
ショックを受け(笑)、売り急いでしまいました。

けれど、積立投信で無心にただ毎月自動的に買付を行っていた人はどう
でしょうか?このアベノミクス相場でかなり儲かっているのではないで
しょうか?

リーマンショック時も無心に買付をしていた皆さんなら、おそらく、こ
のアベノミクス相場においても無心に買付を継続していることと思われ
ますが・・・。

人間の判断は誤るもの。相場の乱高下に左右されることも多いでしょう。
そういった意味でも、自動に行える積立投信はメリットが多いと言える
でしょう。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る