PTS取引とミニ株のススメ

株式投資ができる時間帯は、午前9時~11時と12時30分
~15時の間となっていますが、実はこの時間外にも株取引を
する方法があるのです。

しかし時間外であるため、当然のことながら証券取引所は閉ま
っているはずですが、どうしたら取引ができるのでしょうか?

その秘密は、私設取引システム(PTS)というものを使えば、
時間外でも株取引ができるのです。「夜間取引のシステム」
(PTSとは、Proprietary Trading System の略)

このPTSを使えば、東証などの証券取引所を通さなくても、
証券会社のネットワーク内で取引を完結させることができるた
め、証券取引所が閉まった後でも、PTSのシステムを使って
取引をすることができます。

平日の昼間は仕事が忙しくて、株取引のための時間が確保でき
ないサラリーマンの方にもおすすめの取引方法。

【PTSのメリットとは?】

PTSの取引を使うメリットとしては、証券会社で取引される
株価よりも、有利な取引ができる可能性があるということ。

PTSは株式市場が動いているときも利用可能なため、2つの
株価を比較しながら、有利な株価になっている方を選択して取
引をすることができます。

さらに、取引手数料が比較的安く抑えられている点も魅力です。

【PTSのデメリットとは?】

PTSの参加者が、証券取引所を使った取引と比べると少ない
ため、取引自体が成立しないこともあります。

株取引にそれ程大金をつぎ込みたくない方や、株取引のイロハ
を学びたいという方におすすめなのが「ミニ株(株式ミニ投資)」
と呼ばれるもの。

ミニ株というのは、読んで字のごとく、「ミニ」な株式投資で、
少ない資金でも株を買うことができます。

※証券会社によってサービスの内容は多少異なりますが、少な
 い資金で株を買えるという点は、どこの証券会社も共通です。

「小額から投資を始めることができる」という点が、ミニ株の
最大の特徴で、たとえば、10万円分の株を買いたいと思った
ときには、通常10万円のお金が必要になるのですが、ミニ株
を使えば、その10分の1、わずか1万円から取引ができます。

つまり、10分の1の資金があれば株取引ができ、もちろん買
える株数も10分の1になりますが、株主には違いありません。

それでは、ミニ株を買うと、普通に株を買ったとき同様に、株
主優待や配当金をもらうことはできるのでしょうか?

株主優待に関しては、優待は1単元まで(100株単位であれ
ば100株まで)買い増せばもらえるのですが、1単元に満た
なければ、残念ながらもらうことはできません。

その一方で、配当金は保有株数の割合に応じて受け取ることが
できます。

ミニ株は投資金額が小さいため、リスクをかなり抑えた株式投
資となるため、株取引に慣れるための練習の意味でも、株投資
初心者には特にオススメです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る