知らなかったでは済みません!?

株式市場の中で、ルール違反の取引が横行してしまえば、真面
目に取引を行なっている投資家が不信感を持ってしまう上、株
式市場が正常に機能しなくなってしまいます。

そのようなことを未然に防止するため「証券取引等監視委員会」
という機関が中心となり、株取引の不正行為を取り締まってい
ます。

車を運転する際に、「道路交通法」を守って運転するのと同様
に、株取引にもきちんとしたルールがあるため、「ルールを知
らなかった」と、不正取引をした後に言い訳をしても、許され
るものではありません。

特に悪質な不正行為は、刑罰の対象になる場合もあるため、株
取引初心者の方は、取引を始める前に必ずルールを理解してお
く必要があります。

【インサイダー取引】

自分だけが知っているような、まだ世の中に発表されていない
会社の重要な内部情報を使って株取引で儲けようとする行為を、
「インサイダー取引」といいます。

たとえば、自分の勤めている会社の業績が当初の予想よりずい
ぶんよく、会社が公式に決算発表をする前に株取引をすれば、
インサイダー取引とみなされます。

その理由としては、会社の内部の者と外部の者の間での情報に
公平さを欠いているということがあげられます。

そういった不正取引を未然に防止するため、会社に勤めている
方は、自由に自社の株を売買できないように法律で定められて
いる上、親や親類がその会社に勤めていたり、情報を友人から
聞いたりして取引を行なっても同じように違反とみなされます。

さらには、会社を辞めてから1年以内は、その会社の重要な情
報を持っているとみなされるため、取引の際には十分な注意が
必要となります。

【株価をあやつる取引(株価操作)】

株価を意図的にあやつる行為は、すべてが不正取引とみなされ、
処罰の対象となります。

【仮装売買(かそうばいばい)】

同じ時期に同じ価格で同一人物が取引を行なうなどして、あた
かも売買が活発に行なわれているように見せかけたり、取引が
あるのに株価が動いていないなど、第三者に誤解を生じさせる
ことを目的とした取引を「仮装売買」といいます。

【なれ合い売買】

あらかじめ知り合いどうしなどの間で打ち合わせをしておいて
売り買いをし、意図的であるにもかかわらず、株価形成があた
かも自然になされているような取引を「なれ合い売買」といい
ます。

仮装売買は1人で行なわれるものですが、なれ合い売買は通常
2人以上で行なわれるのが特徴です。

【見せ玉(みせぎょく)】

取引を実際にはする意志がないにもかかわらず、大量の注文を
出したり、その注文を取り消したりして、見せかけの注文を出
すことを「見せ玉」といいます。

実際の手口としては、売りたい株を保有しているときに、見せ
かけの大量注文を出し、人気があると第三者に錯覚をさせ株価
の上昇を誘います。

株価が上がったところで、保有している株を売り抜けるという
手法です。

【風説の流布(ふうせつのるふ】

インターネットの掲示板や口コミサイト、あるいはブログなど、
何らかのメディアを使い、自分に有利になるような虚偽の情報
を流すことを、「風説の流布」といいます。

違反をすれば刑罰の対象となるため、気軽な気持でインターネ
ットの掲示板にウソの情報を書き込むのは慎みましょう。

以上のような不正取引以外にも、さまざまなルールがあり、株
取引をする際に、常識に照らし合わして「公平でない取引は不
正取引になるのでは?」と意識し、正々堂々と正しい株取引を
行なっていれば、よほどのことがない限り、不正取引とみなさ
れることはありません。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る