株取引を始める前にしなければならないことは?

株取引を開始しようとする際に、どこで株を買う(売る)こと
ができるのでしょうか?

株はどこでも取引できる訳ではなく、「証券会社」という株の
注文を取り次ぐ会社を通じ「株式市場(証券取引所)」で取引
されています。

言うなれば、株式市場が注文のお互いの出会いを提供している
ということになります。

仮に、株式市場がなければ、売りたい株を持っている会社は、
自分で買ってくれる相手を自力で探さなければならず、相手を
見つける手間もかかる上、同時にいくらで売買するかの、値段
交渉もしなければなりません。

本当はどこかに高い値段で買ってくれる人が他にいるかも知れ
ないのに、買ってくれる人を見つけられないため、仕方なく安
い値段で売らなければならない場合も出てきてしまいます。

これは、双方(会社・投資家)にとっても効率が悪いため、株
式市場を通じてスムーズに取引ができるような仕組みが出来上
がっているのです。

ここで言う、証券取引所とは、株式市場と同じようなもので、
一番有名な東京証券取引所(東証)をはじめ、大阪証券取引所
(大証)やジャスダック証券取引所など、各地に証券取引所が
開設されています。

しかし、私たち投資家は、証券取引所で直接取引をすることが
できないため、取引の仲介役となる「証券会社」を通じて株の
注文をすることになります。

そのため、自分の口座を証券会社に作らなければ、株取引を開
始することはできません。

株取引を開始しようと思えば、まずは口座を開設しなければな
りません。

◆株取引をスムーズにする役割が、株式市場にはあります。

◆株取引を開始するには、証券会社に口座を開設する必要があ
 ります。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る