インデックスファンドが最も優れた投資方法の理由とは

株価は自然現象のようにランダムに動くということが、ファイナンス理
論の基礎となります。そして、このように株価は予測不可能であるから、
株式投資は偶然に支配されることになって、全ての投資家は公平な立場
で取引せざるを得ない状況にあるとするのが効率的市場仮説です。

金融機関に勤めて顧客の資金を毎日運用する人が損失を出すことがあり
ますし、株式のことを良く知らない一般投資家でも短期間で儲けること
がありますので、株式市場の動向を予想するのが極めて難しいことが実
感できると思います。

さらに効率的市場仮説では、投資家は公平であるため得られる投資に関
する情報も同じとみなせるので、合理的な判断に基づき作成されたポー
トフォリオは全員同じものになる筈だとしています。これは、テストの
回答が一つだけしかないのと、同じような状況です。問題を正しく解い
て行けば、誰もが同じ回答にたどり着きます。

この考えが正しいとすれば、投資家全員のポートフォリオを合計したも
のは株式市場にある株式の価値と等しくなりますが、各投資家全員は同
じ株式構成によるポートフォリオを保有しています。すると結局、株式
市場の存在するものは、投資家の数×市場にある各銘柄の比率というこ
とになります。何だかかこじつけのように感じる人がいるかも知れませ
んが、有名な研究者による、有名な理論なのです。

つまり、最も効率的なポートフォリオとは、株式市場そのままの構成に
することになるのです。理論的には正しくても、株式市場の全ての銘柄
を所有するには莫大な資金が必要になりますので、機関投資家などなら
可能かも知れませんが、一般の投資家には難しい方法に思えます。しか
し、株式平均と連動しているインデックスファンドであれば、少ない資
金でも株式市場の全てをポートフォリオとすることが可能です。

ファイナンス理論を駆使して最も優れた投資方法を考えてみると、イン
デックスファンドを購入することが結論となるのです。

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る